トリキュラーで馬鹿男を黙らせる

トリキュラーは保険適応?抗エストロゲン剤との併用

トリキュラーは、低用量ピルの一種で経口避妊薬として使われています。
トリキュラーをはじめとする低用量ピルには、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが少量含まれており、毎日継続して服用することで身体を妊娠中と同じようなホルモン状態にし、排卵を抑制することで避妊できます。
トリキュラーは現在の日本では保険適応外の薬であるため、健康保険を使用しての購入はできません。ただし、低用量ピルの一部は月経困難症や子宮内膜症の治療に限り保険適応であるものもありますので、医師と相談してみてください。保険適応とはいっても保険適応外のトリキュラーと値段に大差が無い病院が多いので、体質に合ったものを選んだ方が良いかもしれません。
トリキュラーは風邪薬など、他の薬と飲んでも大丈夫ですが、一部の薬とは併用してはいけなかったり気をつけなければいけない場合があります。
例えば、他のホルモン剤や抗ホルモン剤を使用している場合です。
乳がん治療には、ホルモン療法として抗エストロゲン剤が使われることがよくあります。治療のために抗エストロゲン作用を発揮したいのに、ピルからエストロゲンを補給していたら何の意味もないですよね。意味がないだけならまだしも、乳がんを発症している人がピルを服用すると、がんが悪化する可能性があるため、乳がんと診断されたら医師の指示に従い、ピルの服用はやめましょう。
抗エストロゲン剤以外にもホルモン剤を使う場合には念のために婦人科に併用しても大丈夫か確認してください。副腎皮質ホルモンであるステロイドをピルと併用する場合、ステロイドの作用が増強されるなど併用した方の薬の効果が変わることもあります。多くは様子を見ながらなら併用しても問題ないのですが、自己判断はもしものことがあってからでは遅いのでやめましょう。