トリキュラーで馬鹿男を黙らせる

亜鉛不足は生理痛の原因に!トリキュラーで痛みを軽減

生理痛は女性であれば多くの人が経験する痛みです。しかしその程度には個人差が大きく、まったく痛みが無い人もいれば、気を失って倒れてしまうくらいの激痛を感じる人まで様々です。
この生理痛の程度は、体質によるところもありますが、生活習慣やストレスなどが関係してくることもあります。食生活が乱れ、栄養バランスが偏っていると亜鉛不足に陥り生理痛がひどくなる場合があります。
亜鉛は身体の様々なホルモン合成を助ける栄養素で、亜鉛不足になると女性ホルモンの合成も抑制されてしまい生理痛がひどくなることがあるのです。亜鉛は不足しやすい栄養素ですので、亜鉛不足にならないよう日頃から亜鉛の豊富な食材を取り入れるように気を付けるか、サプリメントなどを用いて補給するよう心掛ける必要があります。
栄養バランスに気を付け、ストレスをためないようにしても生理痛がひどいという人には低用量ピルのトリキュラーを使用することで解消される可能性があります。
トリキュラーは女性ホルモンを含有した薬で、毎日一錠ずつ服用し排卵を抑制します。排卵を抑制するため子宮は赤ちゃんのベッドを用意する必要が無くなり、月経血が減少します。赤ちゃんのベッドとして用意される子宮内膜には生理痛の原因となるプロスタグランジンが多く含まれるのですが、これが減少することで痛みを軽減することが期待されるのです。
トリキュラーは低用量ピルの中では非常にメジャーなため、症例数も多く安全性がしっかりと確認されている薬ですので、ホルモン剤を初めて服用するため不安という人でも安心です。処方は婦人科で行ってくれますので、生理痛がひどいのでピルによる治療を試したいと伝え、問診などを行ったうえで処方してくれます。